大和ハウスの評判と標準仕様からわかる家を建てる前の注意点とは?

住宅メーカー
  1. 大和ハウスの基本情報
    1. 大和ハウスで家を建てた方が良い人の特徴
      1. 間取りプランや見積りを複数社から比較検討するならタウンライフがおすすめ!
  2. 大和ハウスの評判と実際に購入した人からの口コミ評価
    1. 大和ハウスの悪い評判と口コミ評価
    2. 大和ハウスの良い評判と口コミ評価
    3. アフターケアの口コミ評価
    4. 評判内容からわかる大和ハウスで住宅を購入するメリットとは?
    5. 売却査定に有利なスムストックに加盟している
  3. 大和ハウスの標準仕様の内訳と住宅商品の紹介
    1. 主に取り扱っている注文住宅一覧表
    2. 標準仕様内訳(鉄骨造)
    3. 標準仕様内訳(木造)
  4. 大和ハウスで家を建てる前の注意点
    1. 値引き交渉について
      1. 値引きのコツ1. 競合他社と比較
      2. 間取りプランや見積りを複数社から比較検討するならタウンライフがおすすめ!
      3. 値引きのコツその2. 売れにくい時期を狙う
      4. 値引きのコツその3. 契約前の1度だけ
    2. 地域の担当者によってレベルに差がある
    3. 木造住宅と比べて断熱対策にコストがかかる
  5. 大和ハウスの実績と特徴について
    1. 坪単価
    2. 耐震性能
      1. 鉄骨造の場合
      2. 木造の場合
    3. 気密性・断熱性
    4. 省エネ住宅ZEH
    5. 大和ハウスの保証とアフターメンテナンス
      1. アフターメンテンス
      2. 保証期間・アフターサービス
  6. 間取りプランがもらえるサービスは日本で「タウンライフ」だけ!
        1. 申込利用方法について
    1. 共有:
    2. いいね:

大和ハウスの基本情報

基本情報
会社名 大和ハウス工業 株式会社
本社所在地 大阪市北区梅田3丁目3番5号
コスト(坪単価) 55~95万円
実績がある工法 木造、軽量鉄骨(プレハブ)、重量鉄骨
設立日・従業員数 16,904名(2020年4月1日現在)
対応事業 注文住宅、建売・分譲住宅、リフォーム、不動産の売買、仲介、管理や賃貸など。
営業拠点・施工エリア ほぼ全国(沖縄県は除く)
許可・登録・免許 建設業許可番号:国土交通大臣許可(特-22)第5279号
宅地建物取引業者免許番号:国土交通大臣(14)第245号
住宅性能評価 長期優良住宅対応可
顧客満足度 オリコンの顧客満足度9位
住居の性能の特徴 耐震等級は標準2(選ぶ商品によって耐震等級3まで対応可)。

国が定める省エネ住宅(ZEH)基準に対応した商品有。

安心・快適に力を入れているポイント ・外張り断熱仕様である「XEVO(ジーヴォ)」を採用している。

・7.1mまで可能とした大開口、2m72㎝の天井高、充実した外張り断熱、外壁の汚れを太陽の紫外線で分解して洗い落とす光触媒がコーティングされている「xevoΣ」が一押し。

公式サイト 大和ハウスHP

大和ハウス工業は、戸建て住宅以外にも賃貸や建売住宅・分譲マンション・商業施設など幅広い企画設計を中心に行っています。

工法は主に工場で加工や生産ができる鉄骨造を取り扱ったプレハブ住宅がベースとなっており、開放感ある空間・間取りを得意としています。

大和ハウスで家を建てた方が良い人の特徴

大和ハウスと相性が良い人の特徴は以下の通リです。

  • 自由に間取りを決めたい人
  • リビングなど広い空間を希望している人
  • 資金に余裕がある人
  • 建築後に転勤など心配がある人。
  • 条件の悪い土地を所有している人
  • 鉄骨で家を建てたい人。

大和ハウスは、自宅を賃貸に出すと国から家賃が支払われる制度「マイホーム借り上げ制度」が利用できます。

そのため、転勤や介護などで故郷に帰るような場合は「マイホーム借り上げ制度」で一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)が終身にわたり賃料を保証してくれます。

また、住宅ローンの支払いや老後の資金に充てることも可能です。

よく比較されるハウスメーカーとしては、以下の会社が挙げられます。
鉄骨住宅の場合は、「セキスイハイム 、 へーベルハウス 、 積水ハウス 、 パナソニックホームズ 、 トヨタホーム 、 サンヨーホームズ 」など
木造住宅の場合は、「 一条工務店 、 住友不動産 、 住友林業 、 日本ハウスHD 、 スウェーデンハウス 、 ミサワホーム 、 三井ホーム 」など

注文住宅で失敗した人のほとんどが間違った施工会社に依頼してしまったと後悔しています。

しっかり他のハウスメーカー又は工務店の情報を集めて後悔のないよう判断できるようにしましょう。

大和ハウスが本命の人でも他に候補として挙げられる会社にもプランや価格を比較しておくことをお勧めします。

間取りプランや見積りを複数社から比較検討するならタウンライフがおすすめ!

価格や性能を複数社比較する為には間取り図や見積り書の確認が必須条件です。

一社ごとそれぞれ直接会社に訪問して見積り依頼又は打合せをして見積り比較する方法がありますが、それでは交通費や時間などの大幅な労力が必要です。

簡単に確認できる方法として、無料で一括見積りサービス「 タウンライフ家づくり 」を利用するのが便利です。
タウンライフ家づくりは、全国600社以上の住宅ハウスメーカー・工務店の中から・見積り・オリジナル間取り図まで無料で一括請求できる便利なサービスです。
第三者調査機関からも注文住宅分野では「顧客満足度1位」、「知人に勧めたいサービス1位」、「使いやすさ1位」の3冠取得している人気のサービスです。
これから家作りを計画する方で希望した間取り図や工事費用を事前に知りたい人は活用しても損は無いと思いますので、興味がある方は活用してみてください。 

申込はこちら

お勧めのポイント

  • 自分が希望を形にした間取りプランを作成してくれる。
  • 間取り条件に合せた「資金計画(総費用・見積り)」を取り寄せすることができる。
  • 住宅メーカー独自のネット上に出回っていない「土地情報」を提案してくれる。
  • 複数社比較・工夫することで数百万のコストダウンも実現可能。
  • 自宅から一歩も出ず間取り図や見積書の資料を取り寄せできる。

大和ハウスの評判と実際に購入した人からの口コミ評価

大和ハウスの悪い評判と口コミ評価

①.(30代 男性) 自分の場合は防火地区内で防火仕様になってなかったとか、元々要求していた仕様を実現するのに必要な措置が抜けていたなど設計ミス的な内容であった。

追加費用は総額2割も上がり見積りが不適切だったことを理由に解約すると言ったが、注文者の都合での解約だから実費は請求するなど注文者もちと言う姿勢が信用できなかったのでキャンセル料だと思って目をつぶり契約解消しました。

②.(30代 男性)

土地の広さが30坪で二世帯住宅を希望していたのでハウスメーカー選びにすごく時間がかかりました。

そんな中、大和ハウスの営業さんが一番希望に近いプランを提案してくれたり、親身になって相談にのってくらたことが決め手でした。

ただ、金額が高額であった為自分たち夫婦だけで建てる計画だと資金不足だったので今回は親の援助でなんとかなりました。

②.(30代 男性) 私が失敗したので、皆さんに知って欲しいと思います。

大企業だからと性善説で動いてはだめです。

すべて自分で確認しないと失敗します。

1)建築確認申請の書類を確認しないで委任状の印を押してはダメです。彼らは日付が空欄の委任状に押印を求めてきますが、提出書類を確認してから押しましょう。施主に提示している図面と異なる図面で確認申請を提出されてしまいますし、施主の知らない変更書類を出されてしまいます。

2)建築確認申請を出したかどうか確認しましょう。建物も外構も確認申請を出していますから大丈夫ですと言っても本当に出したかどうか確認しないと、外構は出していないことがあります。

3)間取りが決まって、壁紙や床材等を選ぶときには、仕様を自分で確認しましょう。コーディネータや営業の言うことを信じていてはだめです。きちんと自分でメーカーのカタログで仕様を確認しましょう。

4)建築基準法も自分で勉強しましょう。大企業だから法律違反をするわけがないと思ったらいけません。

5)構造計算も勉強しましょう。大企業だからきちんと構造計算していると思ったらいけません。

6)できれば建築中は毎日現場で彼らの行動を見張りましょう。(失敗を隠されないために)

7)打合せの内容は、必ず証拠を残しましょう(写真や録音)

大和ハウスの良い評判と口コミ評価

①.(50代 女性) ただいま建設中です。

真面目な営業さんの考えた交渉・経験豊富な設計士とセンスの良いコーディネーターさんのおかげで素晴らしい間取りやインテリアで決める内容について的確なアドバイスで解決へ導いてくれました。

加えて気の利く工事監督さんの作業状況を写メで報告、業者さんとの打合せもしっかりしており、コロナの時期なのに安心感を与えてくれます。

出来過ぎてヤラセを疑われる口コミと思いますが、大和ハウスにして良かったと思います。

②.(50代 男性) 自分が大和ハウスを決めた理由は、「良い土地を紹介してくたり、アフターケヤーの保証に安心感」「標準仕様のレベルが高く、耐震性に優れている」が決め手となりました。

地元の中小企業で収入面だけでなく年齢的なこともあって住宅ローン審査に不安がありましたが、ローコスト住宅に妥協するのも嫌でした。

返済期間は25年までと短くなっていましたが、その分大和ハウスさんが値引きを頑張ってくれたおかげで夢のマイホームを手に入れることができました。

③.(40代 男性)

最初は三井ホームで計画していましたが、営業担当者と相性が合わず大和ハウスを選択しました。

大和ハウスの営業担当者とは打合せもスムーズに進み全然苦にすることなく終えることができました。

家のデザインや金額でハウスメーカーを選ぶ人が多いようですけど、担当者さんとの相性って大事だなとしみじみ感じました。

④.(40代 男性)

自分は大工ではないが建築関係の仕事をしてます。

理想の住宅として天井が高く開口部が広く取れるリビングを希望していましたので、広い空間を売りとしている大和ハウスを選択しました。

建築関係といっても構造の知識は素人レベルでしたのでまさか木造で広いリビング空間を作れるとは思っていませんでした。

営業担当者の提案で「うちのxevoグランウッドなら木造でも広いリビングにできますよ」と言ってくれたのが決定打となりました。

我が家はLDK30帖の広さで殆ど柱や仕切り壁がなく広々としたリビングになって満足です。

⑤.(40代 男性) 我が家は、ダイワハウスの木造住宅「xevo GranWood(ジーボ・グランウッド)」よりもグレードが高い仕様の家が「PREMIUM GranWood(プレミアム グランウッド)」です。

木造住宅でありながら「オールバリア断熱プレミアム仕様」と名付けられた、外張り断熱を採用することで高断熱性を実現しています。

耐震等級は最高クラス3を取得されており、制震装置の「Gran-Device(グランデバイス)」で地震時の揺れを軽減させることができるよう工夫が施されていました。

今の所、特に問題なく快適に暮らしています。

アフターケアの口コミ評価

①.(20代 女性) 現在住んでみて4カ月目で1カ月と3カ月点検ともに終わりました。

今のところ目立った不具合はありませんでした。

②.(30代 男性)

簡単でお金が掛からないようなアフターケアであれば対応してくれますが、重大な不具合時には原因がはっきりせずに簡単に済ませようとする感じが見受けられます。

評判内容からわかる大和ハウスで住宅を購入するメリットとは?

冒頭で大和ハウスの良い評判、悪い評判、アフターサービスなどの口コミ評価を紹介内容と独自に調査した内容をまとめると以下のメリットが挙げられます。

  1. 鉄骨造だけでなく木造でも広い空間や開口部などの間取りにも対応できる。
  2. 営業担当者以外にも設計士、工事監理担当するスタッフの対応がよい。
  3. 狭小土地にも対応できる住宅設計が可能。
  4. 標準仕様のレベルが高い。
  5. 商品ごとの耐震性能が高い。
  6. 初期保証最長30年のロング保証を受けらるなどアフターサービスが充実している。
  7. 鉄骨の弱点である錆による劣化を防ぐ為、75年もの耐用年数があると検証されている「カチオン電着塗装」などが採用されている。
  8. 住宅性能・点検制度がしっかりしている為、自宅を賃貸に出すと国から家賃が支払われる制度「マイホーム借り上げ制度」が利用できる条件を満たしている。

これらのメリットがあるといえますので、設計の提案力や住宅性能を比較検討したい方には良いハウスメーカーといえるでしょう。

売却査定に有利なスムストックに加盟している

大和ハウスは一部の優良メーカーのみが登録できるスムストックに加盟しています。

スムストック制度とは、将来売却する際に建物の価値を最大限考慮して査定を出してもらえる制度のことです。

本来戸建て住宅は築15年~20年経過すると価値が大幅に下がりますが、スムストックに認定されている住宅であれば通常の売却査定よりも高い価格がでる確率が高いので有利といえます。

大和ハウスの標準仕様の内訳と住宅商品の紹介

主に取り扱っている注文住宅一覧表

大和ハウスは以下のような顧客にニーズに合わせた商品が豊富にあります。

商品名 工法 特徴 坪単価
xevoΣ(ジーヴォシグマ) 軽量鉄骨造
  • 大空間を実現と耐震性・耐久性を向上する為の仕様が採用されている。
  • 天井高2m72cmとゆとりがある高さが保たれている。
  • 間取りは多様な選択肢から好みのものを選べる。
70~85万円
xevoΣ平屋暮らし 軽量鉄骨造
  • xevoΣ(ジーヴォシグマ)の平屋バージョン
75~90万円
xevo03 軽量鉄骨造
  • 都心の狭小地にも対応した3階建ての住宅
  • 独自の軽量鉄骨ブレース構造が取り入れられている。
  • 各階にプラス1帖分の空間的な余裕を生み出すことができる。
80~90万円
スマエコ 軽量鉄骨造
  • 標準でZEH基準の断熱性能を実現
  • 家全体を覆う外張り断熱工法を採用。
  • 太陽光発電システムD-HEMSや蓄電池を導入した住宅。
70~85万円
skye(スカイエ) 重量鉄骨造
  • 狭い土地でも有効活用するために生まれた商品。
  • 3~5階建てまで対応可能で、独自の技術によって2m72cmの天井高を実現。
  • ビルトインガレージにも対応。
70~80万円
skye3(スカイエ) 重量鉄骨造
  • skyeと同様狭い土地でも対応可能な3階建て住宅
  • 天井高を最大で6mにすることができる
  • 標準でZEH基準の断熱性能を実現
90万円
PREMIUM GranWood(プレミアムグランウッド) 木造
  • 木造でありながら大空間を実現し構造計算によって耐震性を確認された住宅
  • エネルギー吸収型木造制震耐力壁「Gran-Device」を採用。
  • 1邸ごとに個別に考えられた設計やデザインなど特別感が感じられる家。
  • 経験と知識が豊富なスタッフを担当させている。
  • 最高級の素材が採用されている。
95万円~
xevoGranWood  (ジーヴォグランウッド) 木造
  • 標準仕様で全棟「耐震等級3(最高等級)」
  • 天井高は2400㎜が標準だが、オプションで2800㎜まで対応可能。
  • 自由度の高い設計が可能。
65~75万円
xevoGranWood -都市暮らし-(3階建) 木造
  • 都心などの狭小地にも対応できる3階建て住宅
  • 吹き抜けによる効果をとりいれた家。
80~95万円
xevoADVANCE   (ジーヴォアドバンス) 木造
  • 持続型耐震性がある耐久壁を採用
  • zeh基準の断熱性能
  • 「二重防水構造」により雨水の侵入を軽減
  • 都心などの狭小地にも対応できる
  • 最高天井高2m96cmまで対応可。
75~90万円

標準仕様内訳(鉄骨造)

商品名  xevoΣ(ジーヴォシグマ)(坪単価70〜85万円)
構造・工法
  • 軽量鉄骨造
  • 震度7の揺れに対応できる耐力パネル「トリプルコンバインドシステム(DAEQT S)」が設置。
基礎
  • 布基礎
外壁
  • 外壁は種類は豊富なタイル張りを採用。

※上記以外にも他の商品を取り入れることも可能。

屋根
  • 陶器瓦、スレート、FRC(高分子繊維強化セメント瓦)から選べる。
断熱(外張り断熱工法)
  • 外壁:高性能グラスウール+グラスウールボード(14K:132mm厚)
  • 天井:高性能グラスウール(14K:100+100mm厚)
  • 床下:硬質ウレタンフォーム(65mm厚)

※オプションでグレードの高い他の商品を取り入れることも可能。

外部建具
  • ドア本体にタイルを使用したオリジナルの玄関ドア「ヴェルティナ」を採用。

※玄関ドアは、20種類(センサー型のキー付き)から選べる。

ガラス
  • Low-Eペアガラス(乾燥空気封入タイプ)
サッシ
  • アルミ樹脂複合サッシ
内部建具
  • ブラックチェリーやサペリ、オークなどの高級樹種材料を採用
内部仕様
  • 独特のぬくもりと個性間あるフローリング材「ライブナチュラルプレミアム」
  • ブラックチェリーやサペリ、オークなどの高級樹種材料を採用
  • 壁や天井は、プラスチック系壁紙
内部設備(水回り)
  • TOTO、LIXIL、クリナップ、トクラス、ハウステック、パナソニック、サダシゲ

※トイレはタンクレス、キッチンはガスかIH、食器洗浄機、フロアキャビネットは引き出し型。

オプション工事 付帯設備(床暖房)、空調、外構、照明、カーテン、小屋裏
こだわりのポイント
  • 外壁の汚れを太陽の紫外線で分解して洗い落とす光触媒がコーティングされている
  • 天井高2m72cmとゆとりがある高さが保たれている。
  • 間取りは多様な選択肢から好みのものを選べる。
  • 7.1mまで可能とした大開口

標準仕様内訳(木造)

商品名 xevoGranWood (坪単価65〜75万円)
構造・工法
  • 構造用集成材を採用した木造住宅(柱は杉・檜、梁はベイマツ・カラマツを使用)
  • 繰り返す地震に耐え続ける強さを備えたエネルギー吸収型木造制震耐力壁「グランデバイス」を搭載することが可能

※「グランデバイス」は国土交通大臣から耐力壁として認定を受け、「制震住宅」の認定も取得している

基礎
  • べた基礎(高耐久シームレス基礎)
外壁
  • 軽量既調合モルタル+特殊耐アルカリ性ガラス繊維ネットの上、塗仕上げ
  • 耐候性に優れたフッ素コートを採用したプレコートサイディング工法

※上記以外にも他の商品を取り入れることも可能。

屋根
  • 陶器瓦、スレート、FRC(高分子繊維強化セメント瓦)から選べる。
断熱(外張り断熱工法)
  • 外壁:高性能グラスウール+グラスウールボード(14K:132mm厚)
  • 天井:高性能グラスウール(14K:100+100mm厚)
  • 床下:硬質ウレタンフォーム(65mm厚)

※オプションでグレードの高い他の商品を取り入れることも可能。

外部建具
  • ドア本体にタイルを使用したオリジナルの玄関ドア「ヴェルティナ」を採用。

※玄関ドアは、20種類(センサー型のキー付き)から選べる。

ガラス
  • Low-Eペアガラス(乾燥空気封入タイプ)
サッシ
  • アルミ樹脂複合サッシ
内部建具
  • ブラックチェリーやサペリ、オークなどの高級樹種材料を採用
内部仕様
  • 独特のぬくもりと個性間あるフローリング材「ライブナチュラルプレミアム」
  • ブラックチェリーやサペリ、オークなどの高級樹種材料を採用
  • 壁や天井は、プラスチック系壁紙
内部設備(水回り)
  • TOTO、LIXIL、クリナップ、トクラス、ハウステック、パナソニック、サダシゲ

※トイレはタンクレス、キッチンはガスかIH、食器洗浄機、フロアキャビネットは引き出し型。

オプション工事 付帯設備(床暖房)、空調、外構、照明、カーテン、小屋裏
こだわりのポイント
  • 標準仕様で「耐震等級3(最高等級)」
  • 天井高は2400㎜が標準だが、オプションで2800㎜まで対応可能。
  • 自由度の高い設計が可能。
  • 建物全体の空調を快適にコントロールできる全館空調システム「エアスイート」が標準搭載。

大和ハウスで家を建てる前の注意点

の評判内容を見る限り、契約前に注意する所は以下の項目が挙げられます。

値引き交渉について

一般的なハウスメーカーの場合、おおよその値引き目安は「3~8%程度」と言われています。おそらく谷川建設でも「3%~8%程度」の値引きには応じてもらえる可能性があります。

また、大和ハウスはもともと価格帯がやや高めなのでローコストハウスメーカーと比較すると値引きの余地が大きいハウスメーカーと言えると思います。

より値引き交渉の成功率を上げるやり方として以下の例ように引き出せるケースが有るようですので参考にしてみてください。

値引きのコツ1. 競合他社と比較

商談をある程度まで進めたら、他社と競合する旨を伝えて営業マンに連絡をするのを控えましょう。出来れば同価格帯のハウスメーカー3社以上の競合他社と比較をする事が大切です。

これは自動車の購入でもそうですが、基本的に高額な買い物は競合他社と競争させる事が、より安く購入するコツでもあります。

例えあなたが「大和ハウスに決めた」と思っていても、必ず他のハウスメーカーや工務店と比較しておいた方が値引き交渉も有利に働きます。

担当の営業マンに他社と迷っている事を伝えるのは損は無いと思います。

営業マンとしても、ここまで商談が進んだお客を離したくないのが本音なので、例え営業マンから「他と競合しなくても限界まで値引きします」と言われたとしても、遠慮なく競合して下さい。

よく比較されるハウスメーカーとして、以下の会社が挙げられます。

鉄骨住宅の場合は、「セキスイハイム 、 へーベルハウス 、 積水ハウス 、 パナソニックホームズ 、 トヨタホーム 、 サンヨーホームズ 」など
木造住宅の場合は、「 一条工務店 、 住友不動産 、 住友林業 、 日本ハウスHD 、 スウェーデンハウス 、 ミサワホーム 、 三井ホーム 」など

複数社から間取りや見積りをもらい細かく比較し、交渉材料として利用することで最大20%程度まで値引き交渉を可能とした方もいます。

間取りプランや見積りを複数社から比較検討するならタウンライフがおすすめ!

価格や性能を複数社比較する為には間取り図や見積り書の確認が必須条件です。

一社ごとそれぞれ直接会社に訪問して見積り依頼又は打合せをして見積り比較する方法がありますが、それでは交通費や時間などの大幅な労力が必要です。

簡単に確認できる方法として、無料で一括見積りサービス「 タウンライフ家づくり 」を利用するのが便利です。
タウンライフ家づくりは、全国600社以上の住宅ハウスメーカー・工務店の中から・見積り・オリジナル間取り図まで無料で一括請求できる便利なサービスです。
第三者調査機関からも注文住宅分野では「顧客満足度1位」、「知人に勧めたいサービス1位」、「使いやすさ1位」の3冠取得している人気のサービスです。
これから家作りを計画する方で希望した間取り図や工事費用を事前に知りたい人は活用しても損は無いと思いますので、興味がある方は活用してみてください。 

申込はこちら

お勧めのポイント

  • 自分が希望を形にした間取りプランを作成してくれる。
  • 間取り条件に合せた「資金計画(総費用・見積り)」を取り寄せすることができる。
  • 住宅メーカー独自のネット上に出回っていない「土地情報」を提案してくれる。
  • 複数社比較・工夫することで数百万のコストダウンも実現可能。
  • 自宅から一歩も出ず間取り図や見積書の資料を取り寄せできる。

値引きのコツその2. 売れにくい時期を狙う

ハウスメーカーとの値引き交渉を有利に進めるには「住宅が売れにくい時期を狙う」のも有効です。

住宅業界は一般的に2月・6月・8月が売れにくい時期とされています。2月・8月は、多くの業界で売上が下がる時期とされております。

理由は、2月・6月は梅雨時期で8月は猛暑日が多い時期ですので住宅の内覧に足を運ぶ人が減るからだと思われます。

住宅が売れにくい時期は相手も値引き交渉に積極的に応じてくれる可能性は多少は高まると言えるでしょう。

ただし、そこまで大きな効果が見込めるわけではありませんので、無理して2月・6月・8月に時期を合わせる必要まではないと思います。

タイミングが合えばラッキーくらいに考えておけばよいでしょう。

値引きのコツその3. 契約前の1度だけ

これは全てのハウスメーカーでも同じですが、基本的には値引き交渉はとっておきの一度だけにすべきです。

契約前に小刻みに値引き交渉を行うと、営業マンも本気で取りあってくれなくなります。

値引き交渉を行うのは一度きり、本契約の判を押すか押さないかの一度きりの交渉が一番効果的です。

このタイミングだけは遠慮無用で、少し大胆にお願いをしてみる事をおすすめします。

地域の担当者によってレベルに差がある

大和ハウスは全国に対応した大手ハウスメーカーですが、各地域の担当者によって建築に関する知識や能力などレベルに差があります。

そのため依頼する側もつけてこだわりたい部分など明確に伝えられるよう知識やコミュニケーションをとる必要があります。

例えば施工性を良くしたい場合は以下の交渉をして営業担当者の反応を見て判断することもお勧めです。

  • オプションで気密工事と測定をやって頂くようお願いし、気密測定の合格基準であるC値の数値を1.0以下にするよう要求する。
  • 値引き要求はしない代わりに良い職人(大工)を付けるようにお願いする。
  • 引き渡しまでの工期を短くせず余裕を持たせた日数にする。
  • 建設期間中に発生したトラブルや損害についての対応を明確にし、お互いに合意してから契約をする。

時間をかけてでも、上記のような交渉を契約前に行い納得してから進めることが大切です。

合わせて知っておきたい関連記事はこちら ↓

注文住宅の契約の流れと契約前にやっておくべき7つの条件

木造住宅と比べて断熱対策にコストがかかる

木造住宅と比べて価格が高いことには理由があります。

一つは、木材より鉄骨の方が材料費が高いこと、二つ目は、鉄骨自体の材料が木材と比べて断熱性能が低く断熱対策に費用が掛かることです。

その反面、鉄骨造は白蟻に強く強度が高い為、耐震性能が高い状態で大空間の部屋などの間取りに対応できるメリットがあります。

大和ハウスの実績と特徴について

坪単価

大和ハウスの坪単価は55~95万円(建物本体価格)と幅広いのですが、決して安くはありません。

幅広い坪単価には、顧客の様々なニーズに合わせた豊富な商品があるためといえます。

坪数 本体価格 建築総額
25坪程度 1,375万円~2,375万円 2,375万円~3,088万円
30坪程度 1,650万円~2,850万円 2,850万円~3,705万円
35坪程度 1,925万円~3,325万円 3,325万円~4,323万円
40坪程度 2,200万円~3,800万円 3,800万円~4,940万円
45坪程度 2,475万円~4,275万円 4,275万円~5,558万円
50坪程度 2,750万円~4,750万円 4,750万円~6,175万円

基本的な仕様は同じですが、建物本体価格以外にも、外構工事・その他別途工事・諸経費などオプションによって価格は異なります。

費用は2〜3割プラスされることを念頭におき、予算に合ったプランと広さ(延べ床面積)を検討しましょう。

構造を複雑にしたり木曽檜を使用するプランを選択すると、坪単価も高くなります。

建築費の他に土地を探している場合は、土地代もプラスで考えなくてはいけません。

これから大和ハウスで家を建てる予定の人は、最低でも3000万円以上の予算は準備しておく必要があるでしょう。

相場額はその年ごとの物価や人件費によって変動しますので実際の価格を正確に知りたい方は、他のハウスメーカーからも見積りや間取り図をもらい比較することをお勧めします。

費用算出ポイントのまとめ

  • プランによって坪単価が変わる
  • 本体価格から諸経費、付帯工事費が2〜3割プラスされる
  • オプションは追加した分だけプラス
  • 土地代は別でかかる

耐震性能

大和ハウスの耐震性能を示す評価は、耐震等級1~3のランクの中で耐震等級2が標準とされていますが、選ぶ商品よって等級3まで対応しています。

また、耐震等級は1~3とランクがあり、一般住宅は建築基準法による最低限の規定で耐震等級1と扱われています。

耐震性能を一般住宅よりも高い性能を求めている人は耐震等級2以上を条件に加える必要があります。

耐震等級について詳しく解説した記事はこちら ↓

耐震等級1~3の性能とは?証明書確認方法、審査基準について

鉄骨造の場合

・独自の研究によって震度7にも耐えられるよう縦横同時の揺れに対応できる耐力パネル「トリプルコンバインドシステム(DAEQT S)」が設置されている。

これによって建物の変形量を最大50%低減する効果があり、地震による揺れによって内装材のクロスやボードなどの亀裂などの被害を低減できる。

・地震力を吸収し建物構造材(柱や梁、壁など)のダメージを軽減することで、繰り返しの地震にも耐えることができる吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」が採用されている。

・構造躯体を高い強度で複数のバリエーションを使分けることで耐震性を維持したまま多様なプランにも対応可能な「DPF工法」が開発されている。

木造の場合

・建築基準法上(4号建築物)構造計算の義務はない2階建ての小規模な住宅の場合であっても依頼主の希望に合わせた間取りに対して構造計算を行い耐震性能など安全性を確認しています。

・オプションで追加になりますが、地震力を吸収し揺れを抑える効果がある「吸収型木材制震耐力壁(グランデバイス)」を付けることができます。

気密性・断熱性

大和ハウスの主力商品である鉄骨住宅は、鉄が持つ性質上、外部の熱気や冷気を室内に伝えやすいのが欠点でもあります。

その欠点を補うために採用されたのが、天井・外壁・床を高性能の断熱材で隙間なく包み込む「外張り断熱通気工法」です。

ただ単に外張り断熱だけでなく、外壁通気工法と併用することで、鉄骨住宅のウィークポイントでもある内部結露の発生を軽減する効果があります。

また、高気密・断熱性能を向上させる為に以下の材料や開口部を採用しています。

スタンダードV(標準仕様)の場合
外壁:高性能グラスウール+グラスウールボード(14K:132mm厚)
天井:高性能グラスウール(14K:100+100mm厚)
床下:硬質ウレタンフォーム(65mm厚)
ガラス:Low-Eペアガラス(乾燥空気封入タイプ)
サッシ:アルミ樹脂複合サッシ
建物の断熱性能 UA値は0.5~0.8W/㎡・k程度、C値は非公表
ハイクラスVの場合
外壁:高性能グラスウール+グラスウールボード(14K:132mm厚)
天井:高性能グラスウール(14K:100+100mm厚)
床下:硬質ウレタンフォーム(65mm厚)
ガラス:Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入タイプ)
サッシ:樹脂サッシ
建物の断熱性能 UA値は0.5~0.8W/㎡・k程度、C値は非公表
エクストラVの場合
外壁:高性能グラスウール+グラスウールボード(14K:184mm厚)
天井:ロックウール(300mm厚)
床下:硬質ウレタンフォーム(65mm厚)
ガラス:Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入タイプ)
サッシ:樹脂サッシ
建物の断熱性能 UA値は0.5~0.8W/㎡・k程度、C値は非公表

断熱性能はハウスメーカー業界の中では中間レベルです。

UA値とは、家の内外の温度差がある場合にどれだけ熱が損失するのかを数値化した値のことで、数値が小さい程熱損失が小さいことを示しています。

C値とは、建物の隙間面積を数値化したもので、数値が低い程気密性能が高い(一般的には1.0/㎡以下であれば断熱に影響はないと言われている。

大和ハウスのC値は、非公表されており断熱性能が気になる所です。

建物の隙間が大きいと、音が外に漏れたり、隙間風が内部に入ったりして防音性や断熱性能が低下します。

断熱性能や防音性能にこだわりがある方は、契約前の条件として引き渡し前に気密試験を行いC値を1.0/㎡以下になるよう条件をつけておくこともお勧めです。

また、他の鉄骨住宅を専門に取り扱ったハウスメーカーとも比較し、間取りや耐震・断熱性能・価格など総合的に判断して決めることも必要です。

省エネ住宅ZEH

大和ハウスには、省エネ住宅として「スマエコ」という住宅がありますが、そこにZEH性能をプラスした「スマエコ・ゼロエナジー」があります。

もともと大和ハウスは、スマートハウス分野でも、積極的に開発、販売を実施していました。

そこにZEH基準が登場したことで、さらにスマエコは省エネ住宅へと進化しました。

さらなる省エネ住宅を希望する人だと、スマエコに蓄電池をプラスした「スマエコ・チャージ」という住宅もあるので、そちらも比較してみてください。

ZEH住宅にすることで得られる補助金について合わせて知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。↓

新築住宅補助金【2020年版】優遇制度や申請、対象物件とは?

大和ハウスの保証とアフターメンテナンス

アフターメンテンス

大和ハウスでは、標準で引渡し後から、1か月、6か月、1年、2年、5年ごとに定期点検や診断を30年まで無償で受けることができます。

選んだ対象商品によって無料診断や定期点検の期間が異なりますので、契約前に担当者に確認しておくことをお勧めします。

なお、大和ハウスで定める定期点検と有償メンテナンス工事を10年ごとに延長継続していくことで最長で60年間保証を受けることができます。

保証期間・アフターサービス

保証期間やアフターサービスは、主に以下の項目が挙げられます。

  • 構造躯体(柱・壁・基礎など)は引渡しから30年保証
  • 雨水侵入防止部分は引渡しから30年保証
  • 白蟻は引渡しから10年保証
  • 住宅設備は引渡しから10年保証

※上記の保証期間は、有料メンテナンスを実施することで最長60年まで延長することが可能です。

入居後によく不具合が起きるのは設備機器によるものが最も多く、メーカーによって機器の接触不良や部品に問題があって稼働しなくなるケースがあります。
一般的に設備機器類は10年保証をしていますので、保証書を保管していれば無償で交換してくれることが殆どです。
引渡しの前に防水や白蟻、設備関係の保証書は必ず取って保管しておきましょう。
また、購入後のメンテナンスや耐久性を向上したいという方は「長期優良住宅」という認定住宅にすること条件に加えることをお勧めします。

 

長期優良住宅対応したハウスメーカーを紹介した記事はこちら ↓

長期優良住宅対応できるハウスメーカー坪単価比較【2021年版】

間取りプランがもらえるサービスは日本で「タウンライフ」だけ!

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

比較項目 タウンライフ HOME’S 持ち家計画
見積り
間取りプラン × ×
土地情報・土地探し × ×
特典 〇 

成功する家づくり7つの法則

〇 

初めての家づくりノート

〇 

限定e-book

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の住宅ハウスメーカー・工務店の中から・見積り・オリジナル間取り図まで無料で一括請求できる便利なサービスです。

お勧めのポイント

  • 自分が希望を形にした間取りプランを作成してくれる。
  • 間取り条件に合せた「資金計画(総費用・見積り)」を取り寄せすることができる。
  • 住宅メーカー独自のネット上に出回っていない「土地情報」を提案してくれる。
  • 複数社比較・工夫することで数百万のコストダウンも実現可能。
  • 自宅から一歩も出ず間取り図や見積書の資料を取り寄せできる。

第三者調査機関からも注文住宅分野では「顧客満足度1位」、「知人に勧めたいサービス1位」、「使いやすさ1位」の3冠取得している人気のサービスです。

申込利用方法について

申込方法の流れは以下の通リです。

  1. 建てたい場所やエリアを選択。
  2. 希望条件・連絡先を入力。
  3. 対応可能なハウスメーカー候補から間取り提案を受けたい会社を複数選択。

1.~3.それぞれ入力後ボタンを押して完了。

あとは、資料・間取り図・見積書が届くのを待つだけです。

その後、比較検討して気に入ったハウスメーカーと契約し家の設計から完成引き渡し後、入居するという流れとなります。

家づくりの成功の秘訣は業者選びでほぼ決まります。

後悔しないためにも比較検討することをお勧めします。

これから家作りを計画する方で希望した間取り図や工事費用を事前に知りたい人は活用しても損は無いと思いますので、興味がある方は活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました